作業員と女性

毒を持った生物の退治|蜂の知識を持った業者に依頼しよう

獰猛で危険なスズメバチ

住宅

日本には多くの種類の蜂が生息しています。人に危害を加える種類とそうでない種類が存在しているので、一概にもすべての蜂が悪者とはいえません。年間多くの被害を出している種類は大きく分類して三種類の蜂です。どういった種類のものが危害を加えてくるのかを理解して、しっかりと退治に繋げましょう。一番被害報告が多いのはスズメバチによるものです。スズメバチはとても獰猛です。人間にも臆することなく攻撃をしてきます。集団で行動するので厄介です。スズメバチは巣や餌場などの自分のテリトリーに他の生物が入ってくると、大きなアゴを使って音を発し、警戒音を出してきます。カチッカチッと音を立てるので、近くにいたら気がつくでしょう。この警戒音を無視していると攻撃をしてきます。警戒音を出している間に静かにゆっくりとその場を離れましょう。また、身の危険にさらされると特殊な分泌液を放出します。この分泌液にはスズメバチにしか感知することのできないフェロモンが混ざっていて、仲間に敵がいることを知らせる意味で分泌するのです。遠く離れた巣で待機している仲間はいち早く危険を察知して、敵を攻撃するために押し寄せてきます。大きくて凶暴なスズメバチが大量に襲ってきたら人間でもひとたまりもありません。警戒音のことを頭に入れておきましょう。蜂の退治をしてくれる業者は専用の防護服を着用して作業を行ってくれるので安心です。自分で退治をするのは難しいので、習性や行動を理解している業者に退治を依頼しましょう。