作業員と女性

毒を持った生物の退治|蜂の知識を持った業者に依頼しよう

習性を理解して警戒する

3人の作業員

スズメバチの次に被害が多く見られるのがアシナガバチです。アシナガバチはスズメバチによく似た姿をしており、よく勘違いされることがあります。その名の通りスズメバチよりも後ろ足が長いのが特徴で、スズメバチよりも獰猛さは欠けます。しかし、攻撃的な面を持っているので危険ということに変わりはありません。アシナガバチと同等の被害報告があるのがミツバチです。ミツバチはあまり人を刺さない大人しい蜂と思われていますが、集団でいるときや、巣に近づくと攻撃をしてきます。セイヨウミツバチは日本に生息している蜂の中で最も強い毒を持っている蜂なので注意することが必要です。日本では年間に何人もの人が蜂の被害で命を失っています。行楽シーズンなどに活発に行動するので、夏や秋になると攻撃性が増します。ピクニックやハイキングなどに出かけるときは注意を怠らないようにしましょう。露出の多い服を着用していると危険です。また、黒い色を識別することが得意なので、白い服を着用するのも予防になります。家の近くに巣を作られてしまったら大変危険なので、退治をしてくれる業者に相談してみましょう。巣を作る時期は種類によってばらつきがあるので、種類を把握する目安になります。退治の仕方や巣の処理の仕方に違いが出てきます。どのような蜂が巣を作っているのかを退治してくれる業者に判断してもらいましょう。退治せずに放っておくと大きな被害を生む原因になります。被害者が出る前に依頼をして退治してもらうことを心がけましょう。